HカラーIクラス ダイヤモンドの価値&評価とは

ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドは4Cの価値で選ぼう

ダイヤモンドの価値は、サイズだけでなく、色、透明度、カットされた形状、この4つで評価するのが一般的です。 これを4Cと言います。例えばHカラーIクラス ダイヤモンドはどんな世間一般では評価なのでしょうか。とはいってもこのダイヤの品質を見るには比較しなければ普通の人には分かりにくいですよね。 ここではそんなダイヤの選び方のコツをガイドしたいと思います。

ダイヤモンドのカラットとサイズ(重さ)

  • 5カラット 11mmのサイズ / 1グラム
  • 1カラット 6.42mmのサイズ /0.2グラム
  • 0.7カラット 5.8mmのサイズ
  • 0.5カラット 5.2mmのサイズ
  • 0.4カラット 4.8mmのサイズ
  • 0.3カラット 4.3mmのサイズ
  • 0.2カラット 3.7mmのサイズ
  • 0.1カラット 3.0mmのサイズ

ダイヤモンド カラットとは

カラットというのは、ダイヤモンドの重さの単位です。実はサイズではないんです。 けれど一般的に見て、カラットではイマイチどんなサイズなのかわかりづらいですよね。 そんな時は上記の表を参考にしてください。 ただし、ダイヤモンドピアスや、テニスタイプのジュエリーの場合、合計○カラットという表現をされている場合があります。 これは複数あるダイヤの重さを総計してカラットで表現しているので、そういう場合のアクセサリーは、 1粒何カラットなのかをチェックして、確認してくださいね。

ダイヤモンドの色を評価する指標とは

ダイヤモンドの色と透明度はこのような感じで評価されています。
Hカラーダイヤモンドまではほぼ無色ですので、贈り物にも最適なカラーだと思います。

  • Dカラー  1番目に無色
  • Eカラー  2番目に無色
  • Fカラー  3番目に無色
  • Gカラー 4番目にほぼ無色
  • Hカラー 5番目にほぼ無色
  • Iカラー 6番目にほぼ無色
  • Jカラー 7番目にほぼ無色
  • Kカラー、Lカラー  ほんのわずかに黄色
  • M、N、O、P、Q、Rカラー  ほんの少し黄色

ダイヤモンドの内包物(透明度)を示す指標とは

  • FLクラス  内包物を確認できず(10倍の拡大表示確認)
  • IFクラス  ほぼ内包物無し(10倍の拡大表示確認)
  • VVSクラス  拡大しても内包物を確認するのが困難
  • VSクラス  肉眼では内包物を確認するのが困難な程度
  • SIクラス  肉眼ではなく拡大すれば内包物を容易に見つけられる
  • Iクラス  肉眼でも内包物を見つけられる

HカラーIクラスのダイヤモンドとは

例えばダイヤモンドの中でも、当店ではIクラスHカラーのものを多く取り揃えています。この場合のこのダイヤモンドの評価というのは、ダイヤのカラーはほぼ無色で美しく、内包物を少しだけ肉眼で確認できるダイヤモンドということになります。ダイヤモンドは天然石ですので、石には個性があり、自然界ならではの趣があります。HカラーIクラス ダイヤモンドは、そんな天然石の良さが現れているものであると思います。ダイヤモンドによっては同じカラット数でも飛び抜けて高価なダイヤが存在します。例えば1カラットのダイヤモンドでも、VSクラスのものと、Iクラスのものでは、お値段にも相応な差が出てきます。

I1クラスのダイヤモンド

例えばこの写真は、Iクラスのダイヤモンド拡大図です。(0.5カラットのgoodカット)
Iクラスの中にも、I1、I2、I3の3つの指標に分けれています。
数字が小さいほうがよりクオリティが高いものです。
ちなみにこのダイヤはI1 クラスのダイヤモンドです。

Hカラーのダイヤモンド

こちらが実際にモデルがHカラーIクラスのダイヤネックレスをつけてみた写真です。
0.5カラットの1粒ダイヤですので、迫力がありますね!
Hカラーだと、無色ですので透明感あふれる美しい輝きを出してくれますね。
拡大していないこの写真では、Iクラス級の内包物を確認するのは困難です。

ダイヤモンド鑑定書

こちらがダイヤモンド鑑定書です。
日本でのダイヤモンド鑑定は、ここにあるように日本宝石科学協会や、中央宝石研究所といった宝石鑑定団体が発行しています。鑑定書を発行するにはそれ相応の費用がかかり、1つにつき1万円ほどの費用が発生することもあります。ですので鑑定書付きのダイヤモンドはそれだけ割高になってしまうという現状があります。

 

ご意見投稿お待ちしています!!