ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

このページは「ペンダント選びのポイント 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ペンダント > ペンダント選びのポイント

豆知識

ネックレスを美しくつけるために

ネックレスの選ぶときのポイント、利用に当たってのポイントをご紹介しましょう。

バランスが大切

宝石の丸い玉の大きさやチェーンのボリュームと、首の長さや太さとのバランスを考えましょう。また、洋服とのバランスも大切です。特に全身に対しての長さ、Vゾーンとのバランスに注意しましょう。身につけたときに、顔の周りだけでなく、全身を鏡で見るようにするといいでしょう。

付属品もチェックを

ネックレスの両端をつなぎ合わせる大事なパーツがクラスプ(留め金具)です。その部分がカチッとしっかり留まるか、ゆるんでいないかチェックするようにしましょう。また、ネックレスの長さを調整するアジャスター付きのネックレスは大変便利です。

定期的に糸替えを

真珠のネックレスのように宝石などに糸を通して作ったネックレスは長年の使用で糸が弱くなってしまいます。使う頻度にもよりますが、バラバラとこぼれて悲しい思いをする前に、数年に一度、定期的に糸替えをした方がいいでしょう。一つの宝石の次に結び目をつけることで、切れてもその部分一箇所だけ助かるオールナット方式という作り方をしたネックレスもあります。糸切れが心配ならそのようなネックレスも選択肢に入れるといいでしょう。

アイディアを活かした装いを

ネックレスの使い方はさまざまです。アイディア次第でいろいろな使い方ができます。同じネックレスや他の宝石のものと合わせて何本か重ねつけをすればインパクトが出ます。手首にぐるぐる巻いてブレスレットとして使うこともできるでしょう。体の前ではなく、背中の方に垂らしてバックスタイルの美しさを強調する使い方もあります。また、購入したそのままを使うのではなく、真珠のように宝石がたくさん連なっているネックレスは、何本かつなぎ合わせて好みの長さに変更したり、余った宝石をブレスレットやイヤリングに利用してみたりと、自由に楽しむこともできます。

特徴

ダイヤペンダントを美しく着こなす為のファッション「パフィール」

ダイヤペンダントを美しく身につける方法として、シャツ等のファッションとの相性を第一に考えると良いでしょう。 例えば色は黒のようなシンプルなカラーが良いでしょう。そしてVネックであるとより美しいラインでダイヤが映えます。 ここで注目してほしいのが、体のラインです。せっかくブランドシャツを着ていても、 インナーがデコボコと見えていたら台無しです。そこでこのパフィールが役立ちます。このパフィールはストッキングのような素材のインナーで、 極薄なので体のラインをより美しくみせてくれます。

商品リスト

ホワイトダイヤ ペンダント

ホワイトダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブランド ダイヤペンダント

ブランド ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

プレゼントチャンス

ダイヤモンド ペンダント 激安通販