ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

このページは「ネックレスに使われる金属 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ペンダント > ネックレスに使われる金属

豆知識

ネックレスに使いたいあこがれの金属

ネックレスなどの装飾品に使われる金属として、金、銀、プラチナが最も多く使われる金属です。それらの金属について、詳しく見てみましょう。

ゴールドについて

ジュエリーの素材として金の歴史は古く、7,000年前にはすでにエジプトで使用されていました。金は美しく輝き、さびず、伝導性にすぐれ、酸に強い性質を持っています。装飾品に利用する金属としてすぐれていたのです。しかし、純金はとてもやわらかいので、割り金といって他の金属を加えることで硬度を強くします。金の場合は一般的に銀、銅、パラジウムなどが割り金に使われます。また、合金することで色の幅も広がり、ピンク色のピンクゴールドは愛を、イエローゴールドは冨を、プラチナに似た白色のホワイトゴールドは平和といった、多彩な金の色に合わせてイメージを使い分ける楽しみもあります。

シルバーについて

銀を使ったジュエリーは若者に人気があります。ジーンズのようなカジュアルな服装にもコーディネートしやすく、かなり安価で手に入れることができます。銀はその輝きの品の良さから、ジュエリーをはじめ、フォークやナイフなど多くの食器類にも使われています。ただ、酸化が早く、白くくもったり、黒くさびたりと光沢をなくしてしまうことがあります。こまめな手入れが必要です。銀は1,000分率で表され、純銀がSV1000になります。しかし、金と同様、純銀は柔らかすぎるので、主に銅を混ぜて強さを補強します。ネックレスなどのアクセサリーに使われるのは、SV925やSV950が一般的です。

プラチナについて

プラチナは1735年、スペインの軍人によりコロンビアのピント河で発見されました。そのときにピント河の小さな銀(プラチナ・デ・ピント)と命名され、その名が使われるようになりました。その後1925年に南アフリカで鉱山が発見され、加工技術も進歩したことで様々な方面で利用されるようになりました。プラチナは耐熱性にすぐれ、変色や変質もないので、ジュエリーの素材として非常に適した金属です。品のいい白い色と輝きはダイヤをはじめとする宝石類の持つ美しさを最大限引き出してくれます。

商品リスト

ホワイトダイヤ ペンダント

ホワイトダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブランド ダイヤペンダント

ブランド ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

プレゼントチャンス

ダイヤモンド ペンダント 激安通販