ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

このページは「ペンダントに使われる宝石 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ペンダント > ペンダントに使われる宝石

豆知識

首元でキラリと輝く宝石

ネックレスには、その美しさを際立たせるために宝石がよく使われます。鉱石、有機物、人工物。さまざまな素材が利用されています。

宝石の美しさのヒミツ

宝石は身につけることで、自分をより高貴な装いにすることができます。女性は自分をより美しく見せたいという願いにあふれています。宝石にはそんな女性たちの願いが込められており、宝石の一番の条件は美しさと言えます。その美しさは何によるのか?

それは宝石の持つテリです。色、透明度、光沢、カットによる反射などを含めてテリが良いといい、輝きのすぐれているものこそ、宝石として美しいのです。

有機質の宝石について

宝石というと、ダイヤモンドやルビー、エメラルドといった無機質な鉱物を思い描きますが、真珠のように命のあった有機質な宝石もたくさんあります。そんな有機質の宝石をご紹介します。

パール(真珠)

真珠貝がつくり出すのがパールです。真珠は日本を代表する宝石で、はじめて真珠の養殖の量産に成功したのは日本です。ネックレスとしても大変人気な素材です。

アンバー(琥珀)

松や柏などの針葉樹の樹液が地中で化石化したものです。黄色・オレンジ・赤・ブルーと多くの色があり、透明なものから不透明なものまで多彩です。爪で簡単に傷がつき、熱にも弱いので取り扱いには注意しましょう。

コーラル(珊瑚)

深海に生息し、樹皮状の石灰質な骨格を形成します。古くから子供を悪魔や悪霊から守る厄除けとして利用されてきました。赤や白だけでなく、黒やブルーといった珍しい色調もあります。

タートイスシェル(べっ甲)

南洋諸島に生息するタイマイという大きなウミガメの甲羅です。日本でも古くから櫛やメガネのフレームなどに用いられてきました。虫食いのおそれがありますので、保管するときには虫除けが必要です。

いろいろな宝石

一概に宝石といってもいろいろなものがあります。ここでは宝石の種類と言うよりは、宝石の分類についてご紹介します。

天然石

天然より産出したものです。鉱石や真珠など地球から取れたものをナチュラル・ストーン(天然石)と呼びます。もちろん、アクセサリーとして、その希少性から最も価値のあるものです。

合成石

天然石と同じ成分で、人の手によって科学的につくられるものが合成石です。成分が同じなので、ほとんど性質は天然石と同じです。現在では人工ダイヤモンドなど、科学的に作ることができます。しかし、ジュエリーとしての価値は天然石に比べ大きく落ちます。

人造石

自然界には存在しない、科学の力によって製造された石です。キュービック・ジルコニア、GGG、YAG、YIGなどがあります。

模造石(イミテーション)

例えば、ルビーに似た赤色ガラスは、外観は本物そっくりでも内容・成分は異なります。構成成分が異なり、外観の似たものを模造石と呼びます。宝石の偽物としてよく利用されます。模造石と知った上で身につけるのあれば何の問題もありません。さまざまなデザインが低価格で手に入れることができます。

商品リスト

ホワイトダイヤ ペンダント

ホワイトダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブランド ダイヤペンダント

ブランド ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

プレゼントチャンス

ダイヤモンド ペンダント 激安通販