ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

このページは「ネックレスの取り扱い・お手入れ方法のコツ 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ペンダント > ネックレスの取り扱い・お手入れ方法のコツ

豆知識

ネックレスの取り扱い・お手入れ方法のコツ

ネックレスに使われる宝石や金属は繊細です。あまり乱暴に扱うと傷ついたり、壊れたりしてしまいます。大事なアクセサリーですから、大切に取り扱いましょう。

宝石を使用したネックレスの取り扱いについて

宝石を使用したネックレスの場合、使用されている宝石のウィークポイントを理解して取り扱うことが重要です。

  • ジュエリーをつけて外出したあとは必ず柔らかい布でホコリを払いましょう。普段の簡単な手入れで美しさを保つことができます。
  • 爪や留め具のチェックをしましょう。石が外れそうになっていると、大切な宝石を落とす原因となります。
  • 外出時に外すときは必ず小さなポーチを用意してその中に入れるようにしましょう。裸のままバッグに入れると傷がつきますし、ティッシュなどに包むだけでは、ゴミと間違って捨ててしまうかもしれません。
  • 保管の際に他のジュエリーとごちゃまぜに入れていると宝石が触れあって、石ずれと言って傷ついてしまいます。ジュエリーは一個一個区分けされたもので保管してください。
  • 宝石の中には熱や光に弱いものがあります。保管時には直接光や熱が当たらないようにしましょう。オパールやトルコ石、有機質の宝石(真珠・珊瑚・琥珀)などは特に熱に弱いので、台所仕事をするときは必ず外しましょう。

ゴールドのお手入れ方法

ネックレスを外したら、乾いた柔らかい布でホコリなどをやさしくふきます。汗がついたときは、ぬるま湯で軽くすすぎ、水気をしっかりと取ってください。また、入浴の時は必ず外しましょう。特に温泉は変形や変色しやすいので注意が必要です。金はとても柔らかいので、純度が高いほど傷つきやすくなります。万一、形がゆがんでしまったら、専門店で直してもらいましょう。

シルバーのお手入れ方法

通常、使用後に柔らかい布でふくことで十分美しさと輝きを保つことができます。使用しないときは、空気に触れないようにジッパー付きのビニールやラップに包んでおくといいです。もしくもりが出たら台所用洗剤で洗い、よくすすいだあと、重曹をつけて洗い、十分すすいで柔らかい布でふきます。銀製品用のみがき剤が販売されてますので、それらを利用するのもいいでしょう。

プラチナのお手入れ方法

プラチナは酸、アルカリ、汗などに強く、特別な取り扱いや手入れすることなく使用できる、扱いやすい金属です。外出から戻ったら、柔らかい布で軽くふいておきましょう。もし傷がついたりゆがんだ場合も、専門店にみがき直しを頼むと美しさを取り戻すことができます。

商品リスト

ホワイトダイヤ ペンダント

ホワイトダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブランド ダイヤペンダント

ブランド ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

プレゼントチャンス

ダイヤモンド ペンダント 激安通販