ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

ダイヤモンド ペンダント

このページは「ペンダントの基礎知識 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド ペンダント > ペンダントの基礎知識

豆知識

ネックレスの基礎知識

ネックレスは首の周りにつける装飾品ですが、古代より装飾や力を示すシンボルとして用いられてきました。首の部分は一番目のつく部分です。ネックレスの基本についてご紹介します。

ネックレスの形

ネックレスは大きくわけて3つに分類することができます。

ユニフォーム

ほぼ同じサイズの玉が全体に使われているものです。真珠のネックレスなどはこのタイプが多いですね。最も標準的な形です。

グラデーション

真珠のような玉が連なったネックレスで、中央の玉が一番大きく、留め金具に向かって左右対称に小さくなっていくものです。1950年代くらいまではユニフォームよりもこのグラデーションの方が一般的だったようです。エレガントに見えるデザインです。

ファンシー

金や銀、トルコ石、真珠などたくさんの石や宝石を組み合わせたものです。レース編みのように組み込まれたものなど、変化にとんだデザインが特徴的です。

ネックレスの長さ

ネックレスの長さによって呼び方があり、それをレングスネームと言います。

チョーカー(約35cm)

首にピッタリ沿う長さのものです。玉の大きさやペンダントの種類によってイメージが大きく変わり、フォーマルからカジュアルまで幅広く使えます。

プリンセス(約40cm)

チョーカーよりも若干長く、たるみができるのがプリンセスです。キュートに見せることができる使いやすい長さです。

マチネ(約53cm)

チョーカーの1.5倍の長さです。マチネとはオペラや演劇の昼公演のことですが、その名のとおり欧米では昼間の装いに多く使われました。エレガントで、カジュアルに使っても上品な大人の雰囲気を醸し出します。

オペラ(約70cm)

チョーカーの2倍の長さです。夜の公演が一般的であるオペラからその名が来ています。パーティーなど夜のフォーマルな場で利用されることが多いネックレスです。

ロープ(約105cm)

チョーカーの3倍の長さです。一連で使えば、ドレッシーでエレガントなイメージとなります。二連や三連に巻き付けて、ゴージャスな雰囲気にもアレンジ可能です。

ネックレスの種類

ネックレスの種類には、次のように呼ばれるものがあります。

プチ・ペンダント(ネックレス)

ペンダントはたれ飾りのことで、プチはフランス語で小さいなどの意味です。首回り近くに小粒のダイヤモンドなどの宝石をつけたり、ペンダントヘッドなどをつり下げた小さめのネックレスです。

チャーム・ネックレス

チャームはお守りの意味です。小さな飾りのついたかわいらしいネックレスです。

ビブ(ドッグ)・ネックレス

ビブはよだれかけの意味。首のまわりにピタッと犬の首輪のようにフィットしたネックレスです。

ソートワール

時計や財布などを下げるように金や銀で細工されたものです。リボンに勲章をつるして首から下げるものもソートワールと言います。

コンバーチブル

クラスプ(留め金具)を2つ以上使い、つなげると1本の長いネックレスに。分けるとネックレスとブレスレットになり、多目的に使えるタイプです。クラスプ自体が全体の一部としてデザインされたものもあります。

商品リスト

ホワイトダイヤ ペンダント

ホワイトダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ピンクダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブラウンダイヤ ペンダント

ブランド ダイヤペンダント

ブランド ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.2カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.3カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.5カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

0.7カラット ダイヤペンダント

プレゼントチャンス

ダイヤモンド ペンダント 激安通販